ホーム>豊永産業の想い>モノづくりの流れ

豊永産業の想い

モノづくりの流れ

豊永産業のモノづくりは、企画設計から納品までのすべての工程を、大切な想いとともにお客さまといっしょになってカタチに作り上げるのが私たちの仕事です。



企画・ご提案

立地や予算、要望に合わせて企画立案します。小規模から大型遊戯機まで、コンセプトやイメージを含め、今までのさまざまなノウハウを活かしたご提案をします。

完成イメージパース作成

ご提案した内容に沿って、具体的な全体のパース図面を作成していきます。このときには、遊戯機の詳細な仕様も同時に打ち合わせし、図面に落とし込みます。

デザインバランスの確認(模型製作)

模型で全体のバランスなどを見ていきます。施設全体のバランスや、動力部分のレイアウトの確認なども行えます。

原型製作

図面に基づき、原型で全体のイメージを確認していきます。図面だけではわからない部分を確認していきます。

鉄骨製缶作業

遊戯機の骨格と心臓となる部分です。動力部分との組み合わせなど、オリジナル製品のため微妙な調整が必要となり、長年の技術と知識が求められます。

意匠造形製作

図面を元に、みなさんが実際に見る遊戯機の外側を製作していきます。熟練の職人が一つひとつ想いを込めながら、細かい部分までカタチしていきます。

工場内仮組試運転

各部材を組み合わせ、設計どおりの動きと安全を確認するために試運転をします。最終段階の一歩手前となるので、確認事項も多く、慎重にテストを繰り返します。

完成

施工現場に全ての部材を運搬し、組み立て施工を行います。最終の組み付け完了後、試運転を行います。調整し安全を確認し、納品となります。